スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
のど革

今日の作業 のど革はり

のど革とは、現代の本ではほとんどみられなくなった部分です。現代は「はり見返し」という技法で製本されていますが、ルリユール(工芸製本)ではこの見返しが表紙の裏の「きき紙」と本体側の「遊び紙」に分かれています。見返しの代わりに本体と表紙を繋ぐ役割をするのがのど革です。(表装の材料によっては布や紙のこともあるかもしれません)
画像ではピンクの革の部分です。
この後、のど革の縁や表紙の裏の凹凸を整えてから見返しをはります。

今回の作品では遊び紙を使わないことにしたのでのど革に装飾を入れてみようかと考えています。
【2010/03/22 14:59】 | 製本・豆本 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<最初に | ホーム | さくら>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tewazanotukasa.blog66.fc2.com/tb.php/268-bd5a43d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
猫福堂ありた


和の心をくらしに活かして

プロフィール

Altariel

Author:Altariel
猫福堂ありた
和の心をくらしに活かしてをテーマに和綴じの本やノート、豆本を作っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。