スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
花布
昨日は花布の編み方を習ってきました。
花布これで「はなぎれ」と読みます。
20090418203324.jpg
本の背の部分の上と下についているものです。画像の例だとしましまの部分です。
この本では編んではおらず布でできたものをはってあります。

今まではニ段の芯を使うFrench Double Headbandしかうまくできませんでした。
これで一段編みもできるように…練習します。
二段に見えますがこれが一本芯をつかった場合です。
Headband1

そしてもう一つ
He
こちらは下編みです。この上に革で編んだりするようです。古いやり方で、芯を麻紐にして左右も十分な長さをとっておき、それを表紙にとめつけます。

【2009/04/19 11:45】 | 製本・豆本 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトル | ホーム | 薔薇が咲き始めました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tewazanotukasa.blog66.fc2.com/tb.php/94-32818cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
猫福堂ありた


和の心をくらしに活かして

プロフィール

Altariel

Author:Altariel
猫福堂ありた
和の心をくらしに活かしてをテーマに和綴じの本やノート、豆本を作っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。